どっきどき橋渡りチャレンジ

伊佐沼に行くとそこには川のように流れる水を渡るための橋が…

2歳児クラスのお友だちも「やってみようかな…」と思ったようです。

そしていざ挑戦。足元を見ながら初めの一歩を踏み出します。

体の向きを変えたり、棒を使ってみたりと考えながら渡っているのが分かりますね。

怖いからか途中、保育者の姿を確認する子もいました。中には途中まで行ってやめる子も。

渡り切ると嬉しそうに「お~い!」とこちらに手を振る姿は達成感に満ち溢れていますね。

子どもの「やる勇気」「やめる勇気」を大切に子どもの成長を見守っています。

保育士 小池

PAGE TOP