何かいい匂いがしてきたよ

今回は園庭でクッキングを行いました。
何が出来上がるかは後ほど書くとして、まずは火を起こします。

「まつぼっくりが燃えやすいんだよ!」と教えてくれましたが見つからず、牛乳パックで火をつけます。

そして、使う食材はこちら。
お兄さん、お姉さんがやっているのを見て、2歳児の子も興味津々で集まってきています。

保育所保育指針には食育の推進として『子どもが生活と遊びの中で、意欲をもって食に関わる体験を積み重ね、食べることを楽しみ、食事を楽しみ合う子どもに成長していくことを期待するものであること。』とあります。

クッキングなど様々な体験を通して、生きる力が育まれていきます。

材料を入れ、少し煮たら具沢山キノコ汁の完成。
子どもたちからの希望もあり、園庭と玄関ホールで昼食を食べました。

火は危険なものでもありますが、この時期に温かさや、木を燃やしてしまうほどのエネルギーを感じることで魅力と怖さの両方を理解していくと思います。

PAGE TOP